sakuranbokobo.com
ホーム ギャラリー お問い合わせ ブログ 糸より姫
桜ん慕工房糸より姫

RICO 神島

Healing Vocalist(ヒーリング ヴォ−カリスト)として1998年より活動する彼女。桜ん慕工房が衣装を担当しています。圧倒的な存在感を放つ彼女のア・カペラには心惹かれる方も多いはず。
代表作は「パルチザン・ソング」(ブルガリア民族音楽)「アメージンググレイス」「りんご追分」など。 アルバム「火の花」は好評発売中。
お問い合わせ:七百人の會 089-977-0104

生きているって、選ばれしこと

歌詞:猿渡 啓子  作曲・歌:RICO神島

手のひら胸にあて 炎ゆるくれない 解き放つ

キラキラ眩し、キラキラ眩し 瑠璃の空

花のひら何処までも 風よ、そよめき 舞い上がれ

キラキラ眩し、キラキラ眩し 瑠璃の空

あなたのいない不思議さよ すこしも慣れはしないけど

出逢ったことの素晴らしさ 繋がる命 愛ほしや

オリオンの星雲よ 光年の夢 永久に

キラキラ眩し、キラキラ眩し 瑠璃の空

零る想いを 伝えまし

生きてあれ

生きてあれ

生きてあれ

生きているって、選ばれしこと

オペラ色

歌詞:猿渡 啓子  作曲・歌:RICO神島

ああ、風よ 風よ

ゆき過ぎし歳月を知っているのか

ああ、雲よ 雲よ

旅終えし 記憶を 置いて来たのか

昨日の蕾 ほころびる

濃やかに オペラ色して

芍薬一輪 開きゆく

それは 刻の スローモーション

ああ、風よ 風よ

愛しけれ 客人を 迎えきたのか

ああ、 雲よ 雲よ

燃ゆらせし 情を 伝えにきたのか

光 さし染む 朝明けの

華やかに オペラ色して

芍薬一輪 開きゆく

それは 刻の スローモーション

淡墨桜

歌詞:猿渡 啓子  作曲・歌:RICO神島

一 初恋の 若き 別離よ

はらはらはらり 透ける白さの 花を浴ぶ

愛染の変幻 知ってか

たゆたうて 湧き出づ白き 花が舞う

二 哀しみも 昂る時も

ゆらゆらゆらり 万朶の白き 花が散る

花の下 たおやかに生き

さざめいて 心時めき 花を待つ

三 現身の 一期の夢よ

ひらひらひらり 流るる白き 花に憶う

風の音 幾歳めぐり

しずごころ 今年も待ちてか 花遥か

*上記の歌詞を権利者の承諾なく使用する事を禁じます。作詞 猿渡啓子 作曲 RICO神島